基礎知識

Photoshopクリエイター能力認定試験上級では、専門用語の知識を問う筆記試験があります。
ここでは、主題範囲の単語についてまとめています。

カラーの基礎知識

カラーモデル
デジタルで表示するカラーをどのような方法で表現するのか定義したもの。
RGB、CMYK、Lab、HSBなどいくつかの種類がある。
目的に応じて使い分ける必要がある。
RGBカラーモード
スキャナー・デジタルカメラ・モニターなどで用いられている。
光の3原色である赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の3色を組み合わせて幅広い色を表現する。
RGBを重ね合わせると白色となることから、加法混色と呼ばれる。
Web用の素材を作成するときはこのカラーモードを選ぶ。
CMYKカラーモード
一般的なフルカラーの印刷物で用いられ、プロセスカラーとも呼ばれる。
色材の3原色であるシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)に、ブラック(Key color)を加えた4色を混ぜ合わせて色を表現する。絵具で考えると分かりやすい。CMYの3色を混ぜると黒色に近くなることから、減法混色と呼ばれる。ただし、CMYの3色のインキを混色しても完全な黒色とはならないため、ブラックインキを補って黒色の再現性を高めている。
PhotoshopのCMYKカラーモードでは、CMYKの各色をパーセント値で表現する。
Labカラーモード
CIE(Commission International d'Eclairage:国際照明委員会)によって定義されたカラーモデルに基づくカラーモード。RGBカラーモードやCMYKカラーモードの色域はもちろん、人間が知覚できるすべての色域を含むため、スキャナやモニターなどのデバイスに依存することなくカラーを表現することができる。Photoshopでカラーモードを変換する際は、一旦Labモードに変換してから別のカラーモードに変換する処理が内部的に行われており、カラー変換の過程でカラーが置き換えられることを防いでいる。
グレースケールモード
白から黒までのグレー濃淡を表現する。グレースケールの印刷物を作成する場合に用いられる。
Photoshopでは、0(ブラック)〜255(ホワイト)の値で濃淡を表現します。
ダブルトーンモード
グレースケール画像に対し、1〜4色のインキを掛け合わせて印刷物を作成する場合に用いられる。[イメージ]‐[モード]‐[ダブルトーン...]を選択して表示される[ダブルトーン]ダイアログボックスで、インキの色などを設定することができる。
インデックスカラーモード
最大256色のカラーテーブルを作成して色数を制限する。ファイルサイズを小さく抑えることができるので、Web用の画像を作成する場合などに用いられる。
カラーモードとチャンネル
Photoshopのチャンネルパネルには、「画像の色情報の管理」と「選択範囲を保存するアルファチャンネルの作成」の2つの機能がある。画像の色情報を管理するチャンネルをカラーチャンネルといい、グレースケールモード、ダブルトーンモード、インデックスカラーモードは1つ、RGBカラーモードとLabカラーモードは3つ、CMYKカラーモードは4つのカラーチャンネルで構成されている。
8bit/チャンネルの場合、RGBカラーモードの画像は、1ピクセル当たり8ビット×3チャンネル=24ビットの情報量を持ち、約1677万色を表示することができる。
RGBカラーモードからCMYKカラーモードに変換すると、チャンネルが3つから4つに増えるため、ファイルサイズも大きくなる。
8ビット/チャンネル、16ビット/チャンネル
[イメージ]-[モード]にある[8bit/チャンネル]または[16bit/チャンネル]を選択すると、1チャンネル当たりの階調数を8bit(256階調)または16bit(65,536階調)に変換することができる。8bit/チャンネルよりも16bit/チャンネルの方がトーンジャンプと呼ばれる階調飛びが少なく、色調補正などの編集を繰り返し行った時の画像の劣化を防ぐことができる。ただし、16bit/チャンネルの画像には、データ量が大きくなったり、一部のフィルターやツールを使用することができなくなったりといったデメリットもある。
32ビット/チャンネル
CS2以降では、1チャンネル当たり32bit(約43億階調)を表現できる32ビット/チャンネルを使用することができる。
HDR(ハイダイナミックレンジ)画像
デジタルカメラなどで、低い露出(暗い写真)、露出適正、高い露出(非常に明るい写真)のように異なる露出の画像を撮影し、それらを合成して作成されたダイナミックレンジの広い画像をHDR画像という。
(CS2,CS3,CS4,CS5)同じアングルで露出を変更して撮影した複数の画像からHDR画像を合成するには、[ファイル]-[自動処理]-[HDRProに統合...(CS2,CS3,CS4:HDRに統合)]を選択し、ソースファイルを選択する。HDR画像の全ダイナミックレンジを維持するためには、32bit/チャンネルで保存する必要がある。